FC2ブログ

Yahooカードとソラチカカード 利用シーンでANAマイルを大量に。

Yahooカード(ヤフーカード)が2014年1月より年会費無料になりました。

正式名称は「Yahoo! JAPAN JCBカード」。


ここで気になるのは、ソラチカカードなどのANAカードを利用するのと、ヤフーカードを利用した方のどちらがANAマイルが貯めやすいのか、です。


ヤフーカードの獲得ポイント



通常利用:100円=1ポイント

ヤフーショッピング:100円=2ポイント(2倍)
          スマホやタブレット端末なら3ポイント(3倍)


このように、Tポイントが貯まりますので、ANAマイル換算すると、その半分です。

すなわち、スマホなどでヤフーショッピングを利用すれば、100円=3ポイント=1.5マイル!

ANAマイルがANAカードより1.5倍貯まりやすくなります。


ヤフーショッピングなら、ヤフーカードが最強


ソラチカカードは年間100万円以上つかえば、翌年ボーナスポイントが貰えるようになります。
それでも1.3倍程度のポイント獲得ですから、ヤフーショッピングを利用している方(私です!)は、ヤフーカードを利用した方が断然お得!!

タブレット端末で買い物しなければなりませんが、それは別に構いません。

なにせ1.5倍、ですからね。


ヤフーカードが年会費無料になったからこそできた、まさに利用シーンに応じた賢い使い分けといえそうですね。


ただし、必ず「ANAマイレージモール」を経由してからヤフーショッピングを楽しんでください。

そうするだけで、AMAマイレージモール側で200円=1マイルも獲得できるのですから!
※2014年1月30日より300円=1マイルに変更されました。


▼参考記事
【徹底比較】ネット通販でANAマイルを大量に効率よく貯めるには。



ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • スポンサーサイト

    【徹底比較】ネット通販でANAマイルを大量に効率よく貯めるには。

    ネット通販で買い物をすると、よくボーナスポイントが付いて、結構お得だったりします。

    ANAカードで決済するだけで、クレジットカードポイントが付与されてANAマイルに貢献するわけですので、もっと効率的にポイントを貯めるには、やはり通販サイトに行く前に、「ショッピングモール」系のサイトを経由することが必要です。

    ANAマイルを大量に貯めるなら、ANAカードのカード会社が運営するショッピングモールと、ANA自体が運営している「ANAマイレージモール」がお勧めです。

    具体的にどのくらいのメリットがあるのか、比較してみましょう。

    今回は、「ANAマイレージモール」と、JCB運営の「okidokiランド」です。

    それぞれ、いったんログインして運営サイトを開いて、そこから各通販サイトに遷移するだけで、ボーナスポイントが運営サイトより付与されます。

    次の比較表は、代表的なネット通販で、通常のカードポイント以外に獲得できるポイントをまとめたものです。

      okidokiランド経由 ANAマイレージモール経由
    Yahoo!ショッピング 1,000円=1ボーナスポイント
    (1,000円=3マイル)
    300円=1マイル
    (1,000円=3.333マイル)
    ヤフオク! 1,000円=1ボーナスポイント
    (1,000円=3マイル)
    200円=1マイル
    (1,000円=5マイル)
    楽天市場 1,000円=1ボーナスポイント
    (1,000円=3マイル)
    200円=1マイル
    (1,000円=5マイル)
    Amazon1,000円=1ボーナスポイント
    (1,000円=3マイル)
    爽快ドラッグ 1000円=3ボーナスポイント
    (1,000円=9マイル)
    100円=1マイル
    (1,000円=10マイル)
    ヤマダデンキ 1,000円=1ボーナスポイント
    (1,000円=3マイル)
    200円=1マイル
    (1,000円=5マイル)
    ジョーシン 1,000円=2ボーナスポイント
    (1,000円=6マイル)
    300円=1マイル
    (1,000円=3.33・・・マイル)
    ビックカメラ 1000円=2ボーナスポイント
    (1,000円=6マイル)



    最近、ANAマイレージモールにあらたに加わった、「Yahoo!ショッピング」で買い物をするなら、ANAサイトにいったんログインしてから、「ANAマイレージモール」ページを開き、そこからYahoo!ショッピングに遷移して買い物を楽しめば、通常のクレジットポイントとは別にANAマイルがボーナスとして獲得できます。

    つまり、1,000円分をソラチカカードで支払った場合、

    ・1ポイント(クレジットカード通常ポイント)=10マイル
    5マイル3.333マイル(ANAマイレージモールで獲得)
    合計13.333マイル獲得できるのです!
    ※2014年1月30日よりANAマイレージモールは300円=1マイルに変更


    比較表からもわかるとおり、ANAマイルを貯めるならやはり、「ANAマイレージモール」経由が強いことがわかります。
    中にはジョーシン電機のように、okidokiランドを経由した方が獲得率が高いケースもありますので、まずネット通販で買い物をする場合は、

    ①ショッピングモールを経由する
    ②ANAマイレージモールと必ずANAマイル交換率を比較する

    これを徹底して、効率よくANAマイルを獲得して、特典航空券への近道としましょう。

    中にはビックカメラのように、ANAマイレージモールには参画してないネット通販でANAマイル交換レートが高いものもあります。
    Amazonの方が価格が安いなんてこともあると思いますから、自分にとってお得な方法で買い物を楽しみましょう。


    また、「爽快ドラッグ」は、実は「Yahoo!ショッピング」にも出店しています。
    つまり、ANAマイレージモール経由「Yahoo!ショッピング」⇒「爽快ドラッグYahoo支店」で買い物をすると、なんとポイント3重取りが可能!!

    これは実に活用したい裏技ですね。

    ▼参考記事
    爽快ドラッグのネット通販でANAマイル大量技。


    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • コンビニ別!ANAマイルを大量に獲得する支払い方法


    コンビニでの買い物でもANAマイルができるだけ貯まるように意識するだけで、特典航空券の道が近くなってきます。

    毎回、コンビニでのANAマイル獲得情報をお伝えしていますが、自分でもわかりづらくなってきたので、このたび代表的なコンビニ別のANAマイルを大量に獲得できる支払い方法をまとめてみました。


    セブンイレブン


    ANAカードマイルプラス加盟店となったセブンイレブンは店舗数も多く、ANAマイルを獲得するのには最高のコンビニです。

    ANAカードで支払い


      200円⇒1ANAマイル(ANAカードマイルプラス)
      200円⇒2ANAマイル相当(クレジットポイント 10マイルコース)
      ◆合計 200円⇒3ANAマイル!(100円⇒1.5ANAマイル

    ANAカードで支払っても、ANAカードに付随している電子マネーのQUICPay(クイックペイ)で支払っても、ANAカードマイルプラス扱いとなります。


    ▼参考記事
    ANAマイル獲得コンビニ誕生!セブンがANAカードマイルプラスへ



    ファミリーマート


    ファミマTカードを提示して、電子マネーで支払うのが王道です。
    この方法なら、ANAカードマイルプラス加盟店のセブンイレブンと同じレートでANAマイルが獲得できます。
    セブンイレブンはANAカードマイルプラス分が200円単位で1マイル付与されるのに対し、ファミマは100円単位でTポイントが1ポイント(0.5マイル相当)付与されるのが大きな違いです。

    ファミマTカードを提示して、ソラチカカードPASMO支払い


      100円⇒1Tポイント⇒0.5ANAマイル(ファミマTカード提示)
      100円⇒1ANAマイル(PASMOチャージ:JCB10マイルコース)
      ◆合計 100円⇒1.5ANAマイル

    PASMO(パスモ)・Suica(スイカ)エリアならオートチャージや券売機でPASMOへのチャージができます。しかしそれ以外のエリアの方は電子マネーへのチャージができないので、ソラチカカードなどANAカードJCB系のQUICPay(クイックペイ)で支払いすれば、同様の効果でポイントが貯まります。



    ローソン


    JAL系電子マネーPontaの提携コンビニですが、ここはソラチカカードの交通系電子マネーPASMO(パスモ)もしくは、QUICPay(クイックペイ)を使うのが良いです。

    ソラチカカードのPASMOかクイックペイで支払い


      100円⇒1ANAマイル(JCB okidoki10マイルコース)



    サークルK・サンクス


    「Edyマイルプラス」加盟店のサークルK・サンクスは、200円のEdy利用で 2マイル(通常1マイル)積算されます。
    ANA JCBワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAカードプレミアムの2種だけは、Edyチャージすると200円につき1マイルが獲得できますが、それをあわせてもソラチカカードの電子マネー支払いと獲得マイルは変わりません。

    ソラチカカードのPASMOかクイックペイで支払い


      100円⇒1ANAマイル(JCB okidoki 10マイルコース)



    ミニストップ


    ソラチカカードのPASMOかクイックペイで支払い


      100円⇒1ANAマイル(JCB okidoki 10マイルコース)



    デイリーヤマザキ


    ソラチカカードのPASMOかクイックペイで支払い


      100円⇒1ANAマイル(JCB okidoki 10マイルコース)



    セイコーマート


    北海道コンビニの雄、セイコーマートでも交通系電子マネーやクイックペイが使えるようになりました。
    ポイントカードはプラスチック製のクラブカードがあって、提示すればセイコーマートのポイントが別に貯まってお得です。
    セイコーマートを使う方は北海道の方が大半でしょうから、交通系電子マネーとしてソラチカカードを使うのは少し利便性が悪いのかもしれませんが、ソラチカカードを代表とするANAカードJCB系の後払い式電子マネー「クイックペイ」で支払うのがスマートでしょう。

    ソラチカカードなど、ANAカードJCB系のクイックペイで支払い


      100円⇒1ANAマイル(JCB okidoki 10マイルコース)



    スリーエフ


    Tポイントが貯まるスリーエフ。
    ここはファミマと同様、Tカードを提示して、電子マネーで支払いましょう。
    関東のスリーエフ全店ではSuicaが利用できるので、おそらくパスモも使えると思います。

    Tカードを提示して、ソラチカカードPASMO支払い


      200円⇒1Tポイント⇒0.5ANAマイル(Tカード提示)
      200円⇒2ANAマイル(PASMOチャージ:JCB10マイルコース)
      ◆合計 200円⇒2.5マイル!(100円⇒1.25マイル

    ※スリーエフではクイックペイやクレジットカードは使えないみたいなのでご注意ください。



    ポプラ


    ソラチカカードなど、ANAカードJCB系のクイックペイで支払い


      100円⇒1ANAマイル(JCB okidoki 10マイルコース)



    ココストアイースト


    愛知県が地盤のコンビニですが、実はANAカードマイルプラス加盟店なんですね。
    セブンイレブンと同様、ANAマイルが貯めやすいコンビニといえます。

    ANAカードで支払い


      200円⇒1ANAマイル(ANAカードマイルプラス)
      200円⇒2ANAマイル相当(クレジットポイント 10マイルコース)
      ◆合計 200円⇒3マイル!(100円⇒1.5マイル

    残念ですが、電子マネーQUICPay(クイックペイ)は取り扱っていないようですので、面倒でもANAカードで支払いましょう。




    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • ソラチカカードと、To Me CARD Primeを徹底比較!

    東京メトロの新しいカード「To Me CARD Prime(トゥーミーカードプライム」が2013年3月1日(金)より新しくスタートしました。

    特徴は、現行の「To Me CARD(一般)」よりメトロポイントの付与率がUPされていることです。


    ANAと東京メトロが一つになって、3つのポイントが1枚で貯まる純正ANAカードである「ソラチカカード」(正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」)と比べて、ANAマイルはどちらが貯めやすいのか、比較してみました。


    To Me CARD Primeとソラチカカード比較


      To Me カード Praim ソラチカカード
    (ANAカード+メトロ)
    ANAマイル交換率 1,000ポイント⇒600マイル
    (10ポイント⇒6マイル)
    100ポイント→90マイル
    (10ポイント⇒9マイル)
    JCB okidokiポイント
    ANAマイル交換率
    1ポイント→3マイル 1ポイント→3~10マイル
    年会費 初年度無料
    2年目以降2,100円
    ※50万円以上で翌年無料
    初年度無料
    2年目以降2,100円
    SF乗車ポイント 平日:10ポイント
    土日祝:20ポイント
    平日:5ポイント
    土日祝:15ポイント
    PASMO
    オートチャージ
    (1,000円ごと)
    ・JCB okidokiポイント
     1ポイント(3マイル)
    ・JCB(マイル自動移行)
     5マイルコース
     10マイルコース(有料)
    定期券購入
    (1,000円ごと)
    ・メトロポイント
     5ポイント
    ・JCB okidokiポイント
     1ポイント(3マイル)
    ・メトロポイント
     5ポイント
    ・JCB(マイル自動移行)
     5マイルコース
     10マイルコース(有料)



    東京メトロ1乗車につき付与される、「SF乗車ポイント」が大幅に有利になる以外は、やはりANAカードの一つであるソラチカカードがANAマイルを貯めるのに最適なカードです。

    メトロポイントのANAマイル交換率が圧倒的に高いのは最大の魅力!

    JCBカードのANAマイル移行プラン「10マイルコース」は有料となるものの、年度ごとにわずか2,100円ですので、コストパフォーマンスは絶大です。

    さらに毎年継続ボーナス1,000マイル、搭乗したら10%増量マイルなど、ANAカードとしての特典がもりだくさんです。



    ▼さらに詳しく!
    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 公式サイト



    ひとつ注意があります。
    ソラチカカードとプライムカードを同時に持つことができません。
    それならソラチカカードを一枚持つのが、ANAマイルの獲得には一番ですね。


    ◆参考記事
    徹底比較!To Meカードとソラチカカード ANAマイルならどっち?
    鉄道系ICカードでANAマイル徹底比較。ソラチカ/ANA VISA




    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • 電車・バスでもANAマイルが貯まる!ANA VISA Suicaカードの技

    ANA VISA Suicaカードは、Suica機能もある超便利なANAカードです。

    今ではJR東日本は当然、JR北海道・JR西日本・JR東海でも利用でき、PASMO区間(首都圏私鉄・バス)でもOKなマルチ電子マネーです。
    (2013年3月から、ほぼすべての交通系ICカードを導入している電車・バスで使えるようになりました)

    「マイレージ」「クレジット」「Suica」 
    3つの機能が1枚になったANA VISA Suicaカードは、ANAマイラーなら1枚持っておくと非常にいいカードです。


    なんといっても、リボ払い設定をしておくだけで年会費が実質788円で済むのが魅力。

    月々5万円までリボ払いができますから、5万以内の支払いに特化すればリボ手数料はかかりませんから、事実上タダで年会費が下げることができます。


    まったく使うず放置しておいてたとしても、毎年1,000マイルの継続ボーナスがもらえるのも、大きな魅力です!


    移行手数料が無料の1,000円=5マイルコースもあります。

    Suicaチャージでもマイルが貯まるANAカードはこれだけですから、サブカードとしての位置づけでも最適ですよ。


    ANA VISA Suicaカードの特徴


    ◆年会費 2,100円
     ※割引時年会費(マイペイすリボ登録とWEB明細利用) 788円
     ※今なら初年度年会費無料
    ◆ボーナスマイル
     入会、継続時1000マイル
     搭乗時は区間基本マイレージの10%
    ◆ポイント付与
      1000円利用で1ポイント(前年利用実績でボーナスポイントあり)
    ◆ANAマイルへの移行
    ・10マイルコース:1,000円につき1ポイント=10マイル(手数料6300円)
    ・5マイルコース:1,000円につき1ポイント=5マイル
    ◆保険
      海外旅行傷害保険、国内航空傷害保険 1000万円
    ◆その他
     モバイルSuica チャージでポイント付与(モバイルSuica年会費不要)


    ANA VISA Suicaカード





    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • ステーキハンバーグ&サラダバーのけんがANAグルメマイル加盟


    ANAマイルが貯まる「グルメマイル」に、ステーキハンバーグ&サラダバーの「けん」が新規加盟しました!

    私も好きなステーキ屋さんで、サラダバー発祥のお店だけあって、ずいぶん昔から利用していて、美味しくてリーズナブルにおなかいっぱいになります。

    ANAカードやANAマイレージクラブを提示すると、100円=1マイル獲得できますが、ここで注意があります。

    「けん」ではクレジットカードが利用できないのです。

    ですから、ANAカードを見せても、支払いは現金のみとなりますので、ご注意ください。

    それでもカード払いができないためマイルを間接的にも貯めることができなかったお店が、堂々とANAマイルが貯まるというだけで、幸せですね。




    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • 鉄道系ICカードでANAマイル徹底比較。ソラチカ/ANA VISA

    鉄道系ICカードはすっかり普及して、普段の生活にも欠かせない存在となりました。

    ANAマイラーにとっては、日々使う交通系ICカードでもマイルを貯めることが、特典航空券の近道となります。


    ANAカードでは、JR東日本の「Suica」(スイカ)、首都圏私鉄・バスの「PASMO」(パスモ)があり、どちらを使うかによって、最適なANAカードも決まってきます。

    ◆Suica機能搭載ANAカード
    ANA VISA Suicaカード

    ◆PASMO機能搭載ANAカード
    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)



    徹底比較!ANA VISA Suica/ソラチカカード 一覧表


      ANA VISA Suicaカード
    (ANAカード+VIEWカード)
    ソラチカカード
    (ANAカード+東京メトロ)
    Suica/メトロポイントのANAマイル
    交換率
    移行不可 10メトロポイント=9マイル
    年会費 初年度無料
    2年目以降2,100円
    ※「マイ・ペイすリボ」に登録すると、788円に大幅減!
    初年度無料
    2年目以降2,100円
    マイル移行
    手数料
    10マイルコース:年6,300円
    5マイルコース:無料
    10マイルコース:年2,100円
    5マイルコース:無料
    1乗車ポイント 移行不可 ◆東京メトロ1乗車につき
    平日:5ポイント
        (4.5マイル相当)
    土日祝:15ポイント
        (13.5マイル相当)
    チャージで
    ポイント
    Suicaチャージで
    クレジットカードのポイント
    PASMOチャージで
    クレジットカードのポイント
    定期券購入
    (1,000円ごと)
    クレジットカードのポイントのみ
    (Suicaポイントが付くが、マイル移行不可)
    クレジットカードのポイントと、メトロポイント5ポイント(4.5マイ相当)がダブルで加算!
    IC利用可能エリア電車・バスで使える交通系ICカード全国相互利用可電車・バスで使える交通系ICカード全国相互利用可
    その他 モバイルSuicaの年会費
    (通常1,000円)が無料
     



    以前は、Suica(スイカ)、パスモ(パスモ)ともに首都圏がメインのカードでした。特にsuicaはJR西日本やJR東海エリアでも使え、出張や旅行が多い方にはメリットのあるカードでしたが、2013年3月より交通系ICカードの全国相互利用が可能になってから、使えるエリア優位性は変わらなくなりました。

    そのため、一番のおすすめは断然、ソラチカカードとなります!
    なんといってもANAマイル交換率が圧倒的に高い!

    首都圏なら、さらに東京メトロの乗車でメトロポイントが獲得できるので、どんどんANAマイルが貯まっていきます。

    東京メトロの「To Me カード」もありますが、通常1,000ポイント⇒600マイルのところ、ソラチカカードは100ポイント⇒90マイル!
    鉄道に乗車してこれだけマイルが貯まるのはソラチカカードだけです。


    ◆参考記事
    徹底比較!To Meカードとソラチカカード ANAマイルならどっち?


    ソラチカカード、ANA VISA Suicaカードは、当然ANAカードとしての機能も完備。
    持っているだけでもANAマイルがどんどん貯まります。

    ・入会ボーナスマイル:1,000マイル
    ・継続時ボーナスマイル:1,000マイル
    ・搭乗ボーナスマイル:区間基本マイレージの+10%
    ・ANAカードマイルプラス提携店でのボーナスマイル


    <結論>交通系ICカードでANAマイルを貯めるには



    ソラチカカード
  • 東京メトロで通勤している方
  • 電子マネーのチャージでもマイルを貯めたい方


  • ANA VISA Suicaカード
  • モバイルSuciaを年会費無料で運用したい方


  • しかし、最強の方法は、2枚とも持つことです!

    メインカードとしてソラチカカード。

    サブカードとしてANA VISA Suicaカード。
    年会費788円になる「リボ払い登録」をして、マイル移行手数料が無料の「5マイルコース」で運用する。
    ※リボ払いは上限の「50,000円/月」を設定しておき、毎月その額を超えないように利用すれば、利子等は一切かかりません。Suicaチャージくらいなら、超えることはまずありません。


    マイレージ番号(お客様番号)は複数持って、1つに統合することができますので、メインを「ソラチカカード」、サブを「ANA VISA Suicaカード」にすればよいのです!


    サブカードをたとえ使わなくても、継続ボーナスだけで1,000マイルずつ貯まっていくわけですし、モバイルSuicaのチャージ専用カードとして使うのも一番賢い方法だと思います。

    ※ソラチカカードとANA JCBカードは重複して保有できません


    入会キャンペーンも随時行っていて、入会するだけでも大量マイルをゲットできますよ!!


    ▼さらに詳しく!
    ソラチカカード公式サイト


    ANA VISA Suicaカード公式サイト





    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • ANAマイル獲得コンビニ誕生!セブンがANAカードマイルプラスへ

    ビッグニュースです。

    ANA(全日空)とセブン&アイ・ホールディングスが業務提携することで合意しました。


    さっそくですが、2013年4月1日から、「ANAマイレージ」と「nanacoポイント」の移行が可能となります。

    さらに!!

    セブンイレブンがなんと!

    ANAカードマイルプラス加盟店になってしまいます!

    これは驚きです。


    これでセブンイレブンは、ANAマイルが貯まるコンビニとして圧倒的な認知を獲得することになります。


    それではANAマイル獲得コンビニとして新たなスタートを切る、セブンイレブンとANAとの提携内容と、ANAマイルが格段に貯まる最適な支払い方法を調べてみました。



    ANAとセブンの第1弾提携内容


    1.nanacoポイント⇒ANAマイル移行レート
    nanacoポイント500ポイント⇒ANAマイレージ250マイル
    nanacoポイント500ポイント⇒ANASKYコイン400SKYコイン

    2.ANAマイル⇒nanacoポイント移行レート
    ANAマイレージ10,000マイル⇒nanacoポイント10,000マイル

    3.セブンイレブンが「ANAカードマイルプラス」加盟店へ!
    セブンイレブンで買い物:200円⇒1ANAマイル



    セブンでANAマイルが一番貯まる方法


    1.電子マネーnanacoで支払い
      100円⇒1nanaco⇒0.5ANAマイル

    2.電子マネーEdy(エディ)で支払い
      200円⇒1ANAマイル
      (100円⇒0.5ANAマイル

    3.電子マネーPASMO(パスモ)で支払い
      100円⇒1ANAマイル
      (ソラチカカードPASMOにオートチャージでクレジットポイント)

    4.ANAカードで支払い
      200円⇒1ANAマイル(ANAカードマイルプラス)
      200円⇒2ANAマイル相当(クレジットポイント 10マイルコース)
      ◆合計 200円⇒3ANAマイル!(100円⇒1.5ANAマイル
      

    これからセブンでは、ANAカードで支払うのが一番ですね!

    2番目にはソラチカカードPASMOで支払いするのが、コンビニでANAマイルがどんどん貯まる近道となりそうです。



    コンビニでは、もうひとつ、ファミリーマートも隠れたANAマイル獲得コンビニとして有名です。

    私もコンビニではなるべくファミマで「ファミマTカード」を提示してTポイントを貯めることにより、間接的にANAマイルをどんどん貯めてきました。

    ファミマでANAマイルを貯める方法

      
      100円⇒1Tポイント⇒0.5ANAマイル(ファミマTカード提示)
      100円⇒1ANAマイル
         (ソラチカカードPASMOで支払い。クレジットポイント 10マイルコースで付与)
      ◆合計 100円⇒1.5ANAマイル


    このように、セブンでANAカードで支払うのと同じマイル換算率となりますが、セブンでは「200円単位」でマイルが獲得できる点に注意が必要です。

    ファミマのこの方法なら「100円単位」でマイルが貯まる計算になりますので、うまく使い分けられるといいですね。



    ▼さらに詳しく!
    ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 公式サイト


    ファミマTカード公式サイト



    ◆参考記事
    Suicaなど鉄道系ICカードが全国で!ANAマイルも貯めやすく!
    鉄道系ICカードでANAマイル徹底比較。ソラチカ/ANA VISA
    ANAカード入会キャンペーン 2013!最大8,000マイル以上!!
    徹底比較!To Meカードとソラチカカード ANAマイルならどっち?



    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • スターバックスがANAカードマイルプラス提携店に!


    ANAとスターバックスコーヒーは、「ANAマイレージ」提携を、2013年4月より開始することになりました!


    スターバックスが「ANAカードマイルプラス」提携店に加わり、スターバックス カードへの入金やスターバックス商品ご購入の際、ANAカード(クレジット機能付)を利用すると、クレジットカード会社のポイント移行で得られるマイルとは別に、追加でマイルが自動積算されます。


    1.スターバックスWEBサイトでのチャージでマイル!
    スターバックス カードへの入金:100円=1マイル


    2.スターバックス店舗でマイル!
    ・スターバックス カードへの入金:200円=1マイル
    ・商品購入:200円=1マイル
     ※ショッピングモール等商業施設に出店している店舗は対象外


    ●積算例
    スターバックスWEBサイトから「スターバックス カード」にANAカードで入金した場合、10,000円の入金で200マイル(クレジットカード会社ポイント移行分100マイル+ANAカードマイルプラス100マイル)が積算されます。
    ※クレジットカード会社のポイント移行において100円=1マイルで積算されるANAカードの場合の積算マイル数になります


    一番ANAマイレージが貯まる方法は、スタバのWEBサイトでスタバカードにチャージをして、ドリンクを購入する、というのが良さそうです。


    ANA(全日空)機内でも、スターバックスコーヒーが飲めたりと、もともと協力関係にあった両社が、さらに踏み込んだマイル提携の話・・・。
    これはANAマイラーはしばらくスタバ通いが続きそうですね。

    無料の無線LAN環境もあったり、ゆったりくつろぐこともできそうです。





    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • メトロポイントPlusデビュー!ソラチカカードならPASMOでマイル

    東京メトロのPASMO(パスモ)なら、ANAマイルに交換できるメトロポイントが貯まります。

    東京メトロでは、メトロに乗車したり、加盟店でPASMO電子マネーを利用するとメトロポイントが貯まる、とってもおトクなサービスを、2012年10月1日より開始しました!


    乗車ポイントは今までも「SF乗車ポイントサービス」という名称で実施されていましたが、今回あらたにスタートしたのは、電子マネーPASMOでの買い物でもメトロポイントが貯まる「メトロポイントPlus(プラス)」というサービスです。


    このPASMO電子マネーの利用でメトロポイントが貯まるのは、To Me CARD(ゴールドカード)及びソラチカカード会員です。

    ソラチカカード」とは、ANAと東京メトロが一つになって、3つのポイントが1枚で貯まる、電子マネーPASMO一体型のANAマイル史上最強カード。
    (正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」)


    メトロポイントを貯めるには、初めに事前登録が必要です。(すでにSF乗車ポイントサービスに登録されていれば、自動的にメトロポイントPlus(電子マネーポイント)も貯まります。


    メトロポイントPlus加盟店


    【店舗】売店(Metro's)、Echika、Echika fit、Metro pia、及びEsola等ロゴ掲出先
    【自動販売機】自動販売機及びコインロッカー等ロゴ掲出先


    ソラチカカードの場合のポイント付与率


    【店舗】   200円=1ポイント
    【自動販売機】100円=1ポイント

    自販機でジュースを1本買えば、1ポイント(0.9マイル相当)が貯まる計算。
    しかも電子マネーチャージでも1マイルが間接的に貯まります!(JCBokidokiポイントをANA10マイルコースで交換した場合)


    さらに東京メトロに乗車するだけでももらえるポイントも魅力!
    平日なら1乗車につき5ポイント!(4.5マイル相当)
    土休日なら驚きの15ポイント!(13.5マイル相当)


    ANAマイラーなら、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は必携カードですね!


    ▼さらに詳しく!
    ANA JCBカード公式サイト(ソラチカカードのバナーがあります)




    ANAカード公式サイト
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング




  • ANA マイル マイレージ 全日空 ティーポイント