スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ANAカード公式サイト
  • ANA JCBカード
     ソラチカカード新登場!初年度年会費無料!ANAカード人気NO.1!
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • ファミマTカード×Tカードプラス Tポイント最強対決

    TSUTAYA(ツタヤ)やファミマではTポイント(ティーポイント)が貯まるので、必然的にTカード系は必須となります。

    ところで、この両者、ともに同じTポイントが貯まるのはわかるのですが、どの支払い方法が一番Tポイントが貯まるのか、いまいちよくわからなかったので、今回あらたに整理してみることにしました。


    もちろん、目的は最終的にANAマイルに交換して、特典航空券をゲットすることですが、年会費も含めてトータルでお得な方法を模索するのが、ANAマイラーの正しい道?かと思いますので、そこもポイントにして考えてみました。


    ファミマTカードとTカードプラス、どっちがお得?



    ファミマTカード


    ・ファミリーマートで買い物をすると200円=1ポイント。
    ・クレジット決済なら、更に200円=1ポイントを付与。
     公共料金(税金を除く)やチケットなどポイント対象外商品でもクレジット可。
    ・毎週火曜日と土曜日はポイントが最大5倍。
    入会金・年会費が無料。


    Tカード プラス


    ・年会費は初年度無料、2年目以降の年会費は525円。
     ※年に1度カード利用すれば、翌年も年会費無料!
    ・TSUTAYA会員証でもあるため、TSUTAYA会員費は無料!
     (他のTカードは1年ごとに更新手続きが必要)
    ETCカードが年会費無料で同時申込可能。
    ・誕生月はTSUTAYAの旧作DVD、CDが半額!
    ・いろんなレジャー施設などを最大90%オフになる「クラブオフ」スタンダード会員資格が無料!
    ・TSUTAYAで1,000円以上のカード払いでクレジットポイント2倍。
     (通常クレジットポイントは、200円につき1ポイント)



    箇条書きで説明しても、いまいちわかりづらいかもしれません。
    そこで、一覧表にしてみました。

    ファミマTカードとTカードプラス 徹底比較


      ファミマTカード Tカードプラス
    年会費 永年無料 初年度無料
    2年目以降525円
    (1度のカード利用で無料)
    通常店舗での
    ポイント
    200円=1ポイント 200円=1ポイント
    クレジットポイント 200円=1ポイント 200円=1ポイント
    (TSUTAYAで1,000円以上
    利用すればポイント2倍)
    ファミマでの
    ポイント
    200円=1ポイント 100円=1ポイント
    TSUTAYAでの
    ポイント
    200円=1ポイント 200円=1ポイント
    TSUTAYA
    レンタル会員費
    入会金500円
    更新料300円
    (店舗により異なる)
    会員費無料
    その他 <ファミマ利用>
    ・火曜と土曜はポイント最大5倍
    ETCカード会費無料で申込可
    ・無料で「クラブオフ」スタンダード会員に。



    以前は、Tカードプラスは年に5万円以上カード利用しないと、で翌年の年会費無料でしたが、今はたった「年に1度」利用すれば翌年無料という、ハードルの低さ。
    TSUTAYAでレンタルを年に1度でもする方は、もはや必携のカードといえます。

    かくいう私も、今まで、ファミマTカードにTSUTAYAレンタル会員機能を追加して利用していたのですが、これからは、利用シーンでさらに使い分けます。

    ファミリーマート


    「ファミマTカード」を「提示」して、「ソラチカカード」のPASMO機能(交通系IC電子マネー)で支払う。
    (Tポイントと、ソラチカカードの電子マネーチャージでポイント二重取り)

    TSUTAYA


    「Tカードプラス」にてカード払い。


    ただ、このようにお店でTカードを分けて利用すると、Tポイントもそれぞれバラバラに管理されてしまいます。
    そう、統合はできないのですね。

    Tポイントは、500ポイント以上から、500ポイント単位でANAマイルへ交換できます。
    交換レートは、500ポイント=250マイル。

    おそらく、TSUTAYAでの利用だけで500ポイント貯めるのはなかなか難しいと思いますので、ここは割り切って、TSUTAYAレンタル会員費が無料になるTカードプラスは、TポイントはANAマイルに交換するのをあきらめてそのままTポイントを利用しちゃいたいと思います。


    他にもTカードプラスには、隠れた魅力があることを発見しました。

    TカードプラスはETCカードが無料!


    ソラチカカードでもETCカードを作ったのですが、これはマイカー専用。
    というのも、実際に旅先でレンタカーを借りると、やはりETCは必須ですが、マイカーからETCカードを抜き忘れてしまうことが多発するんです!
    その逆もしかり。
    最悪なのは、高速を使って家から空港まで行くので、ETCを事前準備できないということなんです。
    そして、レンタカーでETCを使って帰ってきて、空港から自宅に帰るときに、またETCカードをマイカーに刺すのを忘れてしまう・・・。

    人間って、忘れっぽい生き物なんですよね。

    そこで、サブとして常にサイフの中に、サブETCカードを入れておけば、安心安心。
    ANAマイルのポイント交換レートは悪いものの、そこは割り切り。
    持ち忘れ、刺し忘れよりはマシです。

    ETCは、土休日なら半額など、もはやお得すぎて必携となってしまいましたしね。


    Tカードプラスはクラブオフ会員が無料!


    これがなかなか秀逸!
    無料の会員制度で、これだけの施設が高い割引率で利用できるなんて!
    入っていて損は絶対ない、無料の会員サービスですよ。


    ファミマTカードも、Tカードプラスも、比較してみて初めて、それぞれの魅力とお得さがわかりました。
    これからは、それぞれのお店で、支払い方法を変えて、トータルでお得な生活をしていきたいと思います。


    ◆参考記事
    鉄道系ICカードでANAマイル徹底比較。ソラチカ/ANA VISA


    関連記事


    ANAカード公式サイト
  • ANA JCBカード
     ソラチカカード新登場!初年度年会費無料!ANAカード人気NO.1!
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
     ポイント有効期間なし。空港ラウンジ2名無料。
  • ANA VISA Suicaカード
      SuicaチャージでANAマイル!
  • ANA VISA/マスターカード
      初年度年会費無料!


  • マイル関連サイト
  • マイレージブログ人気ランキング
  • マイル関連ブログ
  • マイレージランキング



  • コメント
    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    http://nagomi11.blog119.fc2.com/tb.php/1103-715061ef
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


    ANA マイル マイレージ 全日空 ティーポイント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。